いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「新型コロナ恐慌」後の世界

著者:渡邉哲也 
出版社:徳間書店
単行本(ソフトカバー):254ページ
発売日:2020/03/27
価格:1650円
分類: ノンフィクション  各国経済事情  経済協力  世界 
キーワード: 新型  コロナ  恐慌  世界 
評価 3.8   読者数 2.2
「新型コロナ恐慌」後の世界
       

<マイリスト>

<目次>

プロローグ 「新型コロナ」恐慌で始まる負の連鎖
第1章 「武漢ウイルス」で中国はどこまで崩壊するか
  • グローバリズムにとどめを刺したブレグジットと新型コロナ
  • そして中国から外国人がいなくなった ほか
第2章 アメリカは弱り目の中国を、こうして潰す
  • アメリカと中国の「第1弾合意」の本当の意味
  • 「第2弾合意」は実現可能か ほか
第3章 危機を乗り越え日本は繁栄する
  • 新型コロナが日本に与える悪影響
  • 中国を損切りできなかった日本政府の失態 ほか
第4章 グローバリズムの終焉で逆転する世界
  • 冷戦終結からグローバル化が加速した世界経済
  • グローバル化のなかで中国に吸い取られた日本企業 ほか
第5章 「新型コロナ」後の世界
  • 遅すぎたWHOの初動対応
  • 日本の親中派には大きなダメージ ほか

<渡邉哲也の本>