いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか? (文芸書)

著者:柳家さん喬  柳家喬太郎 
出版社:徳間書店
単行本:268ページ
発売日:2018/08/29
価格:1870円
分類: 演劇  落語・寄席・演芸 
キーワード:   柳家  太郎  師匠 
評価 3.9   読者数 2.3
なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか? (文芸書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 不思議な“親子”関係―柳家さん喬×柳家喬太郎
  • なぜさん喬師匠に弟子入りしたか
  • 師匠も弟子を取るのは初めてだった ほか
第2章 師匠への恩返し―柳家さん喬
  • パブリックイメージと自我
  • 一言を発見する
第3章 真打やめてもいいよ―柳家喬太郎
  • 「純情日記横浜篇」ができるまで
  • 自分にしかできないこと
第4章 芸を継ぐ―柳家さん喬×柳家喬太郎
  • 相撲界と落語界の師弟関係
  • 五十周年で自分が活性化するとは思わない ほか

<新聞書評>