いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ポスト平成ですごいことになる日本経済2.0: 2020年までに生じる世界のリスクと新たな秩序

著者:渡邉 哲也 
出版社:徳間書店
単行本:223ページ
発売日:2018-01-31
分類: 外交・国際関係 
ポスト平成ですごいことになる日本経済2.0: 2020年までに生じる世界のリスクと新たな秩序
         

<マイリスト>

<目次>

第1章 ポスト平成で日本は大躍進する
  • 憲政史上最長となる政権の誕生が見えてきた
  • 2020年までに日本の新しい姿が見えてくる ほか
第2章 朝鮮半島をめぐる米中の思惑と新たな秩序
  • アメリカもヨーロッパも北朝鮮ミサイルの射程に入った
  • 2018年前半には核搭載ICBMが実戦配備される ほか
第3章 習近平の神格化で中国が世界最大のリスクに
  • 2018年、中国はさらに覇権拡大をめざす
  • アメリカと中国の覇権争いが続いた10年 ほか
第4章 正念場を迎えるトランプ政権、分裂に向かうヨーロッパ
  • 世界経済のカギを握るFRB議長交代
  • トランプ減税と中間選挙で変わるアメリカ ほか
第5章 「インターナショナル化」が新しい日本を築く
  • 共産党の国会議員は飛行機に乗れなくなる!?
  • 観光立国・日本のテロ対策も進化している ほか

<新聞書評>

<渡邉 哲也の本>