いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本戦後史論

著者:内田樹  白井聡 
出版社:徳間書店
単行本(ソフトカバー):248ページ
発売日:2015-02-28
分類: ノンフィクション  政治入門  日本の政治 
キーワード: 日本  戦後  史論 
評価 3.7   読者数 2.9
日本戦後史論
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 なぜ今、戦後史を見直すべきなのか
  • 戦後史を見直す動きは時代の要請
  • 日本の歪んだ右傾化 ほか
第2章 純化していく永続敗戦レジーム
  • ほんとうの民主主義がない日本
  • なじみやすかった対米従属と対米自立 ほか
第3章 否認の呪縛
  • 「敗戦の否認」の呪縛
  • 「何かの否認」により成り立つ国家 ほか
第4章 日本人の中にある自滅衝動
  • 事実認識が正確にできないようになってしまったのはなぜか
  • 極論を楽しんでしまう日本人の気質 ほか

<新聞書評>

<内田樹の本>

<白井聡の本>