いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

アカシャ光の叡智 (超知ライブラリー)

著者:ゲリー ボーネル  よしもとばなな序文 
出版社:徳間書店
単行本:493ページ
発売日:2009-05-22
価格:2052円
分類: ノンフィクション  社会・政治  心理学  心理学入門  超常現象・オカルト  超心理学・心霊 
キーワード: 叡智 
評価 4.0   読者数 2.4
アカシャ光の叡智 (超知ライブラリー)
       

<マイリスト>

<目次>

「アカシャ:記録の殿堂」に行く前に伝えたいすごく大切なこと!
押し寄せる光の波―アカシャにおいて“光の十二日間”すなわち“天地創造の瞬間”を目撃する!
上昇―キリスト意識のレベルからマスター・イエスの声が聞こえ始めるとき…
霊の領域に裁きは存在しない―“光の十二日間”を前に浮き上がる地球に住むあらゆる人たちの暗黒面について
生命の大海で聞く“その声”―アカシャから光のサポートを得る
裁きを超えたから見えた憎しみの中の愛―交錯するカルマを解きほぐすために導かれる行動
今を生きるという贈り物―記録の殿堂の守護者アー‐イル‐ヤー‐ショーによるレッスン
多次元的六芒星のエネルギー「アカシャの力」を招喚した救援活動
アカシャの大広間にある多次元の織物―その絡み合う糸は一人一人の人生の道筋
私はアー‐イル‐ヤー‐ショー―この次元に降り立った“光存在”との対話
宇宙での孤独を超える―“選択を知らない道”“一つの法則”を抱きしめたとき、知性体は銀河と一体となる
超常的な存在たちの声―それは青い星に住む“双子自己”より来ていた
物理法則を超え物質と一体となる―光の領域を飛行して届けられた最愛の人への手紙

<ゲリー ボーネルの本>