いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ダイオウイカは知らないでしょう

著者:西 加奈子  せきしろ 
レーベル: 文春文庫
出版社:文藝春秋
文庫:264ページ
発売日:2015-02-06
分類: ノンフィクション  詩論 
キーワード: イカ 
評価 3.7   読者数 3.1
ダイオウイカは知らないでしょう
       

<マイリスト>

<目次>

上手くなるから待ってろ、短歌!(ゲスト・穂村弘さん)
人間、年を取ると自然とやさしくなれるんだな。(ゲスト・東直子さん)
「青春」なんて本当にみんなの中にあんのかな。(ゲスト・山崎ナオコーラさん)
午後四時は空白の時間帯なんです。(ゲスト・いとうせいこうさん)
恋に落ちるには、最初はいろいろ見えんほうがエエ。(ゲスト・山里亮太さん)
安達太良山を見ながら『智恵子抄』を読んでたんだ。(ゲスト・ミムラさん)
鎌倉へ吟行に出かけてみました。
短歌で遊んでみました。吉祥寺『ルノアール』にて。
短歌を読むと、その人の脳みその中が透けて見えるよう。(ゲスト・光浦靖子さん)
顔を白塗りして安全ピン刺して。(ゲスト・星野源さん)
それはつまり、今恋をしてるってこと?(ゲスト・華恵さん)
子供のころ、老人は絶対に泣かないもんだと思ってた。(ゲスト・俵万智さん)
三次元のストレスは二次元で解決するのがいちばんですよ。(ゲスト・勝山康晴さん)
ロックをやってる時点で自分の「恥ずかしい部分」をさらけ出しているおうなもんです。(ゲスト・山口隆さん)
ミラクルはこの国には馴染まぬ!(ゲスト・ともさかりえさん)
女の人はケンカ中でもちゃんとご飯を作ってくれるんだよね。(ゲスト・入山法子さん)
「日本」というお題で短歌を詠むのは非常に難しいんです。(ゲスト・穂村弘さん)

<新聞書評>

<別版>

<西 加奈子の本>

<せきしろの本>