いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙

著者:河北新報社  河北新報= 
レーベル: 文春文庫
出版社:文藝春秋
文庫:301ページ
発売日:2014-03-07
分類: 災害  社会学概論 
キーワード: いちばん 
評価 4.2   読者数 3.4
河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 河北新報のいちばん長い日
第2章 気仙沼から届いた手書きの原稿
第3章 死者と犠牲者のあいだ
第4章 配達が大好きだったお父さんへ
第5章 窮乏するロジスティクス
第6章 福島原発のトラウマ
第7章 避難所からの発信
第8章 被災者に寄り添う
第9章 地元紙とは、報道とは

<新聞書評>

<ブログ等>

<別版>