いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

構造主義的日本論 こんな日本でよかったね

著者:内田 樹 
レーベル: 文春文庫
出版社:文藝春秋
文庫:307ページ
発売日:2009-09-04
分類: ノンフィクション  社会学概論  日本論 
キーワード: 日本 
評価 3.7   読者数 3.3
構造主義的日本論 こんな日本でよかったね
       

<マイリスト>

<目次>

1章 制度の起源に向かって―言語、親族、儀礼、贈与
  • 「言いたいこと」は「言葉」のあとに存在し始める
  • 言葉の力 ほか
2章 ニッポン精神分析―平和と安全の国ゆえの精神病理
  • 格差社会って何だろう
  • 「少子化問題」は存在しない ほか
3章 生き延びる力―コミュニケーションの感度
  • 生き延びる力
  • 生きていてくれさえすればいい ほか
4章 日本辺境論―これが日本の生きる道?
  • 辺境で何か問題でも?
  • 変革が好きな人たち ほか

<別版>

<内田 樹の本>

<こちらの本も見られています>