いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編

著者:菊地 成孔  大谷 能生 
レーベル: 文春文庫
出版社:文藝春秋
文庫:335ページ
発売日:2009-03-10
分類: ジャズ 
キーワード: 東京大学  アルバート・アイラー  東大  ジャズ講義録 
評価 3.8   読者数 3.3
紹介:山口周 
東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編
       

<マイリスト>

<目次>

二〇〇四年四月一五日講義初日 十二音平均律→バークリー・メソッド→MIDIを経由する近・現代商業音楽史
二〇〇四年四月二二日講義第二回 ジャズにおいてモダンとは何か?―ビバップとプレ・モダン・ジャズ
二〇〇四年五月六日講義第三回 モダンとプレ・モダン―五〇年代に始まるジャズの歴史化・理論化と、それによって切断された事柄について
二〇〇四年五月二〇日講義第四回 一九五〇年代のアメリカと、ジャズ・モダニズムの結晶化
二〇〇四年五月二七日講義第五回 一九五九?一九六二年におけるジャズの変化(1)
二〇〇四年六月三日講義第六回 一九五九?一九六二年におけるジャズの変化(2)
二〇〇四年六月一〇日講義第七回 フリー・ジャズとは何からのフリーだったのか?
二〇〇四年六月二四日講義第八回 一九六五?一九七五年のマイルズ・デイヴィス(1)コーダル・モーダルとフアンク
二〇〇四年七月一日講義第九回 一九六五?一九七五年のマイルス・デイヴィス(2)電化と磁化
二〇〇四年七月八日講義第十回 MIDIとモダニズムの終焉〔ほか〕

<別版>

<菊地 成孔の本>

<大谷 能生の本>