いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

党機密文書は語る 周恩来秘録 上

著者:高 文謙 
レーベル: 文春文庫
出版社:文藝春秋
文庫:441ページ
発売日:2010/05/07
価格:2530円
分類: ノンフィクション  中国史 
キーワード:   機密  文書    秘録 
評価 3.7   読者数 2.7
受賞:アジア・太平洋賞 
党機密文書は語る 周恩来秘録 上
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 毛沢東との恩讐の発端
  • 毛に許しを請う最期の日々
  • 五四運動の風雲の中で出会う ほか
第2章 文化大革命がはじまる
  • フルシチョフ秘密演説が、毛沢東に衝撃を与えた
  • 周恩来が毛と劉の対立を調停する ほか
第3章 周恩来の二重役割
  • 二役を兼ねながら乱に対応
  • “新文革と旧政府”の対峙 ほか
第4章 劉少奇を手にかける
  • 懐仁堂事件
  • 過去文書の影 ほか
第5章 文革陣営が割れた
  • 堂九回大会の政治報告の波紋
  • 林彪問題を片付けることにする ほか

<新聞書評>

<別版>