いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

1918年最強ドイツ軍はなぜ敗れたのか ドイツ・システムの強さと脆さ

著者:飯倉 章 
レーベル: 文春新書
出版社:文藝春秋
新書:287ページ
発売日:2017-12-20
分類: ドイツ・オーストリア史  ヨーロッパ史一般 
1918年最強ドイツ軍はなぜ敗れたのか ドイツ・システムの強さと脆さ
         

<マイリスト>

<目次>

序章 十九世紀ドイツ統一に見る指導者のトライアングル
第1章 一九一四年から一九一六年夏まで―戦況とドイツの戦略
第2章 一九一六年夏から―ルーデンドルフの時代の始まり
第3章 ドイツ軍「春季大攻勢」の準備
第4章 一九一八年春季大攻勢―「大成功」が準備した敗北
第5章 限界に達していたドイツ軍―夏の連合国の攻勢から休戦まで
終章 ドイツの敗因

<新聞書評>