いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊

著者:井上 智洋 
レーベル: 文春新書
出版社:文藝春秋
新書:256ページ
発売日:2016-07-21
分類: ビジネスとIT  経済学  人工知能  投資・金融・会社経営 
キーワード: 人工  知能  経済  未来  雇用  崩壊 
評価 3.6   読者数 3.4
受賞:新書大賞7位 
人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 人類vs.機械
  • ホーキング博士の憂鬱
  • 「ターミネーター」は現実化するのか? ほか
第2章 人工知能はどのように進化するか?
  • 第五世代コンピュータの失敗
  • 確率・統計的なアプローチ ほか
第3章 イノベーション・経済成長・技術的失業
  • 日本は衰退する運命にあるのか?
  • 果実は食べ尽くされたか? ほか
第4章 第二の大分岐―第四次産業革命後の経済
  • 第四次産業革命をめぐる覇権争い
  • 汎用AIは社会にどのように導入されていくか? ほか
第5章 なぜ人工知能にベーシックインカムが必要なのか?
  • 生活保護は労働者を救うか?
  • ソ連型社会主義は復活するか? ほか

<新聞書評>

<井上 智洋の本>