いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

中国停滞の核心

著者:津上 俊哉 
レーベル: 文春新書
出版社:文藝春秋
新書:288ページ
発売日:2014-02-20
キーワード: 核心 
評価 3.7   読者数 2.5
中国停滞の核心
       

<マイリスト>

<目次>

序章 瀬戸際の中国経済
第1章 「7%成長」のまやかし
第2章 「三中全会」への期待と現実
第3章 これが三中全会決定の盲点だ
第4章 「中国経済崩壊」は本当か
第5章 「経路依存性」との闘い
第6章 危機が押し上げた指導者・習近平
第7章 米中から見た新たな世界―二冊の本を読んで
第8章 「ポスト・中国バブル」期の米中日関係
第9章 中国「防空識別圏」問題の出来
第10章 安倍総理の靖国参拝
第11章 中国「大国アイデンティティ」の向かう先
第12章 当面の日中関係に関する提案―尖閣問題に関する私的な提言