いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

山県有朋―愚直な権力者の生涯

著者:伊藤 之雄 
レーベル: 文春新書
出版社:文藝春秋
新書:485ページ
発売日:2009-02-01
分類: ノンフィクション  日本史一般  明治・大正 
キーワード: 権力者  生涯 
評価 3.6   読者数 2.6
山県有朋―愚直な権力者の生涯
       

<マイリスト>

<目次>

吉田松陰の「忠実」な弟子―はじめに
松陰門下の青春―尊王攘夷と奇兵隊
西郷隆盛への憧れ―討幕への戦い
「狂介」から「有朋」へ―欧米巡遊・廃藩置県
山県参議兼陸軍卿の誕生―征韓論政変・台湾出兵
にがい勝利―西南戦争
陸軍の充実―朝鮮をめぐる日清対立
陸軍の長老から政治家へ―日本陸軍の大枠形成
最初の組閣―帝国議会開設・伊藤博文との対立
やせがまんの限界―日清戦争
元老としての組閣―日露協商と山県系官僚閥の形成
参謀総長として陛下に仕える―日露戦争
きどわい勝利の後の現実―桂太郎と原敬の挑戦
元老筆頭の権力―第一次世界大戦と大正デモクラシー
晩年の落とし穴―宮中某重大事件
山県有朋と日本―おわりに

<伊藤 之雄の本>