いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄

出版社:文藝春秋
単行本:419ページ
発売日:2019/10/10
価格:2090円
分類: 演劇  日本映画 
キーワード: 黙示録  映画  天国  地獄 
評価 4.1   読者数 2.4
黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄
       

<マイリスト>

<目次>

「夜ごと飛ぶ夢を見る」―映画戦線への参入
「皆様方よ、今に見ておれで御座居ますよ」―狂気の現場
「ありがとう、こんなに愛いっぱい」―一躍、ヒットメーカーに
「ハートブレイクヤクザ」―既存の映画製作への疑問
「これっきりになるような気がします」―滅びの美学
「たけしさん、暴力って何ですか?」―映画監督・北野武との邂逅
「キレたら止まらない」―時代の寵児へ
「夜の夢こそまこと」―『RAMPO』を巡る狂騒劇
「暴力と熱情」―人生を変えた男・深作欣二とのすべて
「片想いの街、ニューヨーク」―ロバート・デ・ニーロとの共同製作の夢
「闇にひらめく」―パルム・ドールとシネマジャパネスク
追放―ある男の告白
「いつかギラギラする日」―復帰、そしてこれからを語る

<ブログ等>