いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

世にも危険な医療の世界史

著者:リディア ケイン  ネイト ピーダーセン 
出版社:文藝春秋
単行本:427ページ
発売日:2019-04-18
分類: 医学  医学史  科学読み物  西洋史  薬学 
キーワード: 危険  医療  世界史 
評価 3.7   読者数 2.9
世にも危険な医療の世界史
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 元素
  • 水銀―始皇帝に愛された秘薬
  • アンチモン―嘔吐で強制デトックス ほか
第2部 植物と土
  • アヘン―子どもの夜泣きはこれで解決
  • ストリキニーネ―ヒトラーの常備薬 ほか
第3部 器具
  • 瀉血―モーツァルトは2リットル抜かれた
  • ロボトミー―史上最悪のノーベル賞 ほか
第4部 動物
  • ヒル―300本の歯で臓器をガブリ
  • 食人―剣闘士の生レバー ほか
第5部 神秘的な力
  • 電気―内臓を刺激する感電風呂
  • 動物磁気―詐欺医師が放ったハンドパワー ほか

<新聞書評>

<ブログ等>