いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子

著者:河合 香織 
出版社:文藝春秋
単行本:245ページ
発売日:2018-07-17
分類: 語学・教育  妊娠・出産  民事裁判 
キーワード: 診断 
評価 4.1   読者数 3.1
受賞:大宅壮一ノンフィクション賞 
選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子
       

<マイリスト>

<目次>

誰を殺すべきか?
望まれた子
誤診発覚
ママ、もうぼくがんばれないや
障害者団体を敵に回す覚悟はあるのですか?
提訴
母体保護法の壁
ずるさの意味
二十年後の家族
証人尋問
無脳症の男児を出産
医師と助産師の立場から
判決
NIPTと強制不妊
私が殺される
そしてダウン症の子は
善悪の先にあるもの

<新聞書評>

<ブログ等>

<河合 香織の本>