いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

白鵬伝

著者:朝田 武藏 
出版社:文藝春秋
単行本:383ページ
発売日:2018-01-25
分類: スポーツ 
白鵬伝
         

<マイリスト>

<目次>

1 大鵬越え「心技体。八割は心である」二〇一四年夏場所‐二〇一五年春場所
  • 大局観その壱「自分に打ち勝つという事」
  • 二〇一五年春、最強の証明。「今が一番強い」
  • 大局観その壱「心を真ん中に置くという事」
  • 大局観その壱「最善を図り、最悪に備えるという事」
  • 大局観その壱「一番の敵は自分であるという事」
2 慟哭、稀勢の里戦「これが負けか」二〇一〇年初場所‐二〇一〇年九州場所
  • 大局観その壱「最強の夢、未完の夢、終わらぬ夢」
  • 大局観その壱「柔らかさは力に勝り、柔らかさは速さに勝つ」
  • 十一・十五、敗北。「平成の連勝記録が止まった日」
  • 大局観その壱「忘れる努力、開き直る努力、運に勝つ努力」
3 「蘇る野性」苦悩の果てに…
  • 大局観その壱「自分を追い込むという事」二〇一五年夏場所‐二〇一七年夏場所
  • 一〇四八、復活。「灼熱の十五日間」二〇一七年名古屋場所

<新聞書評>