いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話

著者:上橋 菜穂子  津田 篤太郎 
出版社:文藝春秋
単行本:191ページ
発売日:2017-10-30
分類: 思想  死生観 
ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話
       

<マイリスト>

<目次>

はじめに 思いがけぬ角度から飛んでくる球
蓑虫と夕暮れの風
陽の光、燦々と降りそそぐ海で
見えるもの、見えないもの
切り口を変えると、見方が変わる
母の贈り物
私たちの輪郭を形作るもの
流れの中で、バタバタと
日常を再発見する
春の日の黄昏に
死と再生、人生の物語化

<新聞書評>

<上橋 菜穂子の本>