いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

量子物理学の発見 ヒッグス粒子の先までの物語

著者:レオン レーダーマン  クリストファー ヒル 
出版社:文藝春秋
単行本:308ページ
発売日:2016-09-23
分類: 量子物理学 
キーワード: 量子  物理学  発見  ヒッグス  粒子    物語 
評価 3.7   読者数 2.5
量子物理学の発見 ヒッグス粒子の先までの物語
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 宇宙の始まりを探る旅
第2章 そのとき、ニュートン物理学は崩れた
第3章 世界は右巻きか左巻きか
第4章 相対性理論の合法的な抜け道
第5章 初めに質量あれ
第6章 何もないところになぜ何かが生まれたのか?
第7章 星が生まれた痕跡
第8章 加速器は語る
第9章 ヒッグス粒子を超えて

<ブログ等>