いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

走ることについて語るときに僕の語ること

著者:村上 春樹 
出版社:文藝春秋
単行本:248ページ
発売日:2007-10-12
分類: スポーツ 
キーワード:  
評価 4.0   読者数 4.2
[ベスト1000冊]
紹介:齋藤孝 
走ることについて語るときに僕の語ること
       

<マイリスト>

<目次>

前書き 選択事項としての苦しみ
第1章 2005年8月5日ハワイ州カウアイ島―誰にミック・ジャガーを笑うことができるだろう?
第2章 2005年8月14日ハワイ州カウアイ島―人はどのようにして走る小説家になるのか
第3章 2005年9月1日ハワイ州カウアイ島―真夏のアテネで最初の42キロを走る
第4章 2005年9月19日東京―僕は小説を書く方法の多くを、道路を毎朝走ることから学んできた
第5章 2005年10月3日マサチューセッツ州ケンブリッジ―もしそのころの僕が、長いポニーテールを持っていたとしても
第6章 1996年6月23日北海道サロマ湖―もう誰もテーブルを叩かず、誰もコップを投げなかった
第7章 2005年10月30日マサチューセッツ州ケンブリッジ―ニューヨークの秋
第8章 2006年8月26日神奈川県の海岸にある町で―死ぬまで18歳
第9章 2006年10月1日新潟県村上市―少なくとも最後まで歩かなかった
後書き 世界中の路上で

<新聞書評>

<別版>

<村上 春樹の本>