いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

大仏破壊 バーミアン遺跡はなぜ破壊されたか

著者:高木 徹 
出版社:文藝春秋
単行本:341ページ
発売日:2005-01-15
分類: イスラム原理主義  ノンフィクション  ビジネス・経済  外交・国際関係  政治入門  中東  文学・評論 
キーワード: 遺跡  破壊 
評価 3.9   読者数 2.9
受賞:大宅壮一ノンフィクション賞  アジア・太平洋賞 
大仏破壊 バーミアン遺跡はなぜ破壊されたか
       

<マイリスト>

<目次>

二つの破壊
隠遁者
姿の見えないカリスマ
オサマ・ビンラディン
大仏・第一の危機
オマルの激怒
ビンラディンの贈り物
「アメリカ」の衝撃
ムタワキルの抵抗
アメリカ帰りの新政策
ビンラディンのメッセージ
蜜使
破壊を阻止せよ
アッラー・アクバル
届けられたテープ
大仏は、なぜ破壊されたのか

<新聞書評>

<別版>

<高木 徹の本>