いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

天才を考察する―「生まれか育ちか」論の嘘と本当

著者:デイヴィッド シェンク 
出版社:早川書房
単行本:412ページ
発売日:2012-09-01
価格:2700円
分類: 遺伝子・分子生物学 
キーワード: 天才  考察  生まれ  育ち    本当 
評価 3.5   読者数 2.6
紹介:瀧本哲史 
天才を考察する―「生まれか育ちか」論の嘘と本当
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 生来の才能という神話
  • 遺伝子2・0―遺伝子の本当の働き
  • 知能はものではなく、プロセスである
  • 「生来の才能」の終焉(そして、才能の本当の源
双生児の似ているところ、似ていないところ
早咲き・遅咲き
白人はジャンプできないか?)
第2部 天才を育成する(天才になるには(あるいは、たんに偉大な人間になるには)
そのやり方が子供をだめにする(または発奮を促す)
優秀さを求める文化
遺伝子2・1―遺伝子も“改良”できる!?
テッド・ウィリアムズ・フィールド)

<ブログ等>