いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

著者:マイケル・サンデル 
出版社:早川書房
単行本:384ページ
発売日:2010-05-22
分類: 思想  西洋思想  哲学  論文・評論・講演集 
キーワード: 正義    いま  哲学 
評価 3.8   読者数 4.3
[ベスト1000冊]
紹介:橘玲 
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 正しいことをする
第2章 最大幸福原理―功利主義
第3章 私は私のものか?―リバタリアニズム(自由至上主義)
第4章 雇われ助っ人―市場と倫理
第5章 重要なのは動機―イマヌエル・カント
第6章 平等をめぐる議論―ジョン・ロールズ
第7章 アフォーマティブ・アクションをめぐる論争
第8章 誰が何に値するか?―アリストテレス
第9章 たがいに負うものは何か?―忠誠のジレンマ
第10章 正義と共通善

<新聞書評>

<別版>

<マイケル・サンデルの本>