いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

大戦略論: 戦争と外交のコモンセンス

著者:ジョン ルイス ギャディス 
レーベル: ハヤカワ文庫NF
出版社:早川書房
文庫:624ページ
発売日:2022/05/10
価格:1430円
分類: 国際政治情勢 
評価 3.8   読者数 2.5
大戦略論: 戦争と外交のコモンセンス
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 ダーダネルス海峡の橋―グランド・ストラテジーとは
第2章 アテネの長城―ペリクレスとトゥキュディデス
第3章 師と原則―孫子とオクタウィアヌス
第4章 魂と国家―アウグスティヌスとマキアヴェリ
第5章 回転軸としての君主―エリザベス一世とフェリペ二世
第6章 新世界―アメリカ建国の父たち
第7章 最も偉大な戦略家たち―トルストイとクラウゼヴィッツ
第8章 最も偉大な大統領―リンカーン
第9章 最後の最善の希望―ウィルソンとルーズベルト
第10章 アイザイア―ふたたびグランド・ストラテジーについて

<新聞書評>

<別版>

<こちらの本も見られています>