いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

タングステンおじさん:化学と過ごした私の少年時代

著者:オリヴァー・ サックス 
レーベル: ハヤカワ文庫NF
出版社:早川書房
文庫:480ページ
発売日:2016-07-07
分類: エッセー・随筆  ノンフィクション  英米文学  化学  外国文学研究 
キーワード: おじさん  化学    少年  時代 
評価 3.7   読者数 2.6
タングステンおじさん:化学と過ごした私の少年時代
       

<マイリスト>

<目次>

タングステンおじさん―金属との出会い
「三七番地」―私の原風景
疎開―恐怖の日々のなかで見つけた数の喜び
「理想的な金属」―素晴らしきタングステンとの絆
大衆に明かりを―タングステンおじさんの電球
輝安鉱の国―セメントのパンと鉱物のコレクション
趣味の化学―物質の華麗な変化を目撃する
悪臭と爆発と―実験に明け暮れた毎日
往診―医師の父との思い出
化学の言語―ヘリウムの詰まった気球に恋して〔ほか〕

<新聞書評>

<ブログ等>

<別版>

<オリヴァー・ サックスの本>