いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

集中講義! 日本の現代思想 ポストモダンとは何だったのか (NHKブックス)

著者:仲正 昌樹 
出版社:NHK出版
単行本(ソフトカバー):269ページ
発売日:2006-11-28
分類: 東洋思想  日本 
キーワード: 集中講義  日本  現代  思想  ポスト  モダン   
評価 3.7   読者数 3.1
集中講義! 日本の現代思想 ポストモダンとは何だったのか (NHKブックス)
       

<マイリスト>

<目次>

序 かつて、「現代思想」というものがあった
1 空回りしたマルクス主義
  • 現実離れの戦後マルクス主義
  • 大衆社会のサヨク思想
2 生産から消費へ―「現代思想」の背景
  • ポストモダンの社会的条件
  • 近代知の限界―構造主義からポスト構造主義へ
3 八〇年代に何が起きたのか
  • 日本版「現代思想」の誕生
  • 「ニュー・アカデミズム」の広がり
4 「現代思想」の左転回
  • なぜ「現代思想」は「終焉」したのか
  • カンタン化する「現代思想」

<仲正 昌樹の本>