いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

家族と社会が壊れるとき

著者:Ken Loach  是枝 裕和  ケン ローチ 
レーベル: NHK出版新書
出版社:NHK出版
新書:205ページ
発売日:2020/12/10
価格:880円
分類: 社会一般  社会学概論 
キーワード: 家族  社会 
評価 3.6   読者数 2.2
家族と社会が壊れるとき
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 『万引き家族』と『家族を想うとき』から見えてくるもの(是枝裕和)
  • 最も尊敬する監督
  • 転機となった出会い ほか
第2章 対談 家族と社会をめぐって(是枝裕和/ケン・ローチ)
  • かつては二種類の人たちがいた
  • 多くの映画は人々を物としか見ていない ほか
第3章 壊れゆく社会のなかで―イギリス・ヨーロッパ・世界(ケン・ローチ)(EU離脱(ブレグジット)より大きな問題
『わたしは、ダニエル・ブレイク』と『家族を想うとき』 ほか)
第4章 「悪い時」を乗り越えるために(ケン・ローチ)
  • 私たちが抱えている真の問題
  • 貧困層と政治的カタストロフ ほか
第5章 ナショナルへの回収にいかに抵抗するか(是枝裕和)
  • パブリックの危機
  • 文化への圧力は右も左も同じ ほか

<是枝 裕和の本>