いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門

著者:宇多丸  高橋 芳朗  DJ YANATAKE  渡辺志保 
出版社:NHK出版
単行本(ソフトカバー):288ページ
発売日:2018/10/30
価格:1760円
分類: ポピュラー音楽  音楽一般 
キーワード: スター    入門 
評価 4.0   読者数 2.5
ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 70?80年代初頭
  • 1973年8月11日、ラップはニューヨークで生まれた
  • そのとき、日本は? 日本語ラップの起源を求めて
  • 渡辺志保のヒップホップ・スラング辞典1―dis/beef/represent
第2章 80年代中期?後期
  • 第二世代がラップを革新する
  • そのとき、日本は? 模索するオリジネイターたち(ゲスト:いとうせいこう
渡辺志保のヒップホップ・スラング辞典2―お金にまつわるスラング)
第3章 80年代後期?90年代
  • “カンブリア爆発”―ラップ黄金期の到来
  • そのとき、日本は? 英語のフロウを日本語で再構築するために(ゲスト:Bose、Zeebra
渡辺志保のヒップホップ・スラング辞典3―「イケてる自慢」のスラング)
第4章 2000年代
  • サウスの時代―勢力図は描き換えられた
  • そのとき、日本は? 拡散―渋谷から全国へ(ゲスト:漢a.k.a.GAMI
渡辺志保のヒップホップ・スラング辞典4―車にまつわるスラング)
第5章 2010年代
  • ネット・政治・トラップ
  • そのとき、日本は? ヒップホップの未来へ

<宇多丸の本>