いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

著者:ジェレミー・リフキン 
出版社:NHK出版
単行本:536ページ
発売日:2015-10-27
分類: 経済学  経済思想・経済学説  投資・金融・会社経営 
キーワード: 限界  費用  社会  モノ  インターネット  経済  台頭 
評価 3.7   読者数 3.2
限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭
       

<マイリスト>

<目次>

市場資本主義から協働型コモンズへの一大パラダイムシフト
第1部 資本主義の語られざる歴史
  • ヨーロッパにおける囲い込みと市場経済の誕生
  • 資本主義と垂直統合の蜜月
  • 資本主義のレンズを通して眺めた人間の本性
第2部 限界費用がほぼゼロの社会
  • 極限生産性とモノのインターネットと無料のエネルギー
  • 3Dプリンティング―大量生産から大衆による生産へ
  • MOOCと限界費用ゼロ教育
  • 最後の労働者
  • 生産消費者の台頭とスマート経済の構築
第3部 協働型コモンズの台頭
  • コモンズの喜劇
  • 協働主義者は闘いに備える
  • インテリジェント・インフラの規定と支配をめぐる争い
第4部 社会関係資本と共有型経済
  • 所有からアクセスへの転換
  • 社会関係資本のクラウドファンディング、民主化する通貨、人間味ある起業家精神、労働の再考
第5部 潤沢さの経済
  • 持続可能な「豊穣の角」
  • 生物圏のライフスタイル

<新聞書評>

<ブログ等>

<こちらの本も見られています>