いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

小説のしくみ: 近代文学の「語り」と物語分析

著者:菅原 克也 
出版社:東京大学出版会
単行本:432ページ
発売日:2017-04-29
分類: ノンフィクション  日本文学研究  文学理論 
キーワード: 小説  近代  文学  語り 
小説のしくみ: 近代文学の「語り」と物語分析
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 テクストの相
  • 三つの相―物語内容、物語言説、物語行為
  • 太宰治「浦島さん」 ほか
第2章 語り手と語りの場
  • 語り手という存在
  • 語り手の姿―読者と向きあう語り手 ほか
第3章 語りの視点
  • 心の中を語ること
  • 焦点化―誰が知覚し、誰が語るのか ほか
第4章 テクストの声
  • テクストから聞こえる声
  • 森鴎外「山椒大夫」における話法の処理
第5章 語りと時間
  • 小説の中の時間
  • 順序 ほか
終章
  • テクストと向き合う読者―「読者」の二つの意味
  • 分析の対象としての語り ほか

<新聞書評>