いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

近代日本の政治構想とオランダ

著者:大久保 健晴 
出版社:東京大学出版会
単行本:407ページ
発売日:2010/11/01
分類: 日本史一般 
キーワード: 近代  日本  オランダ 
近代日本の政治構想とオランダ
       

<マイリスト>

<目次>

序章 近代日本思想の黎明とオランダ
第1章 フィッセリング国法学講義と大政奉還―西周の体制構想を中心に
第2章 統計学の興隆と政治社会認識の変容―『表紀提綱』と経済学講義
第3章 「万国公法」受容と文明化構想―ヨーロッパ国際法を巡る周縁からの眼差し
第4章 ローマ法学と功利主義―小野梓の政治思想(一)
第5章 憲法と民権を巡る歴史的淵源からの問い―小野梓の政治思想(二)

<新聞書評>