いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本史のなかの「普遍」: 比較から考える「明治維新」

著者:三谷 博 
出版社:東京大学出版会
単行本:392ページ
発売日:2020/01/31
価格:5500円
分類: 日本史一般  明治維新 
日本史のなかの「普遍」: 比較から考える「明治維新」
       

<マイリスト>

<目次>

序論 日本史から普遍を求めて―明治維新を一例として
第1部 時間―秩序形成と危機認識
  • 安定と激変―儀礼による秩序の固定とその解放
  • 長期的危機の予測と対応―藤田幽谷と「夏虫の氷」
第2部 空間―ナショナリズムとリージョナリズム
  • ナショナリズム―多層世界における相互作用と記憶の力学
  • 「周辺国」の世界像―日本・朝鮮・ベトナム
  • 「アジア」リージョンの発明―地理学から地政学へ
  • 外交規範―一九世紀東アジアにおける儀礼と語用の変化
第3部 秩序―儀礼と言葉
  • 天皇即位儀礼の再編成―孝明・明治・大正三帝の比較
  • 尊攘イデオロギーの構造―『新論』における「忠」「孝」の多重平行四辺形
  • 「公論」慣習の形成―幕末から明治へ
  • 「公論」空間の創発―草創期の『評論新聞』
第4部 方法
  • 証拠の吟味―「蛮社の獄」を考え直す
  • 研究史の反省―維新の政治史
  • 比較の試み―明治維新からみたフランス革命

<新聞書評>