いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと

著者:池澤 夏樹 
レーベル: 中公文庫
出版社:中央公論新社
文庫:198ページ
発売日:2016-01-21
分類: 災害  社会学概論 
キーワード:   震災 
評価 3.8   読者数 3.1
春を恨んだりはしない - 震災をめぐって考えたこと
       

<マイリスト>

<目次>

1 まえがき、あるいは死者たち
2 春を恨んだりはしない
3 あの日、あの後の日々
4 被災地の静寂
5 国土としての日本列島
6 避難所の前で
7 昔、原発というものがあった
8 政治に何ができるか
9 ヴォルテールの困惑
東北再訪

<新聞書評>

<別版>

<池澤 夏樹の本>