いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

失われた手仕事の思想

著者:塩野 米松 
レーベル: 中公文庫
出版社:中央公論新社
文庫:293ページ
発売日:2008-03-23
分類: 日本の民俗 
キーワード: 手仕事  思想 
評価 3.7   読者数 2.3
失われた手仕事の思想
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 消えた職人たち
  • 鍬や包丁を作る野鍛冶
  • 柿屋根を葺く屋根屋 ほか
第2章 輪廻の発想―尽きない材料
  • 素材採集の季節
  • 尽きない材料 ほか
第3章 徒弟制度とは何だったのか
  • 職人を育てる
  • 師が父の場合 ほか
第4章 手の記憶
  • 新しい徒弟制度の試み
  • 徒弟制度再考 ほか

<別版>

<塩野 米松の本>