いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

古代メソポタミア全史-シュメル、バビロニアからサーサーン朝ペルシアまで

著者:小林 登志子 
レーベル: 中公新書
出版社:中央公論新社
新書:304ページ
発売日:2020/10/20
価格:1100円
分類: 世界史 
キーワード: 古代  全史   
評価 3.6   読者数 2.4
古代メソポタミア全史-シュメル、バビロニアからサーサーン朝ペルシアまで
       

<マイリスト>

<目次>

序章 ユーフラテス河の畔、ティグリス河の畔―メソポタミアの風土
第1章 シュメル人とアッカド人の時代―前三五〇〇年‐前二〇〇四年
第2章 シャムシ・アダド一世とハンムラビ王の時代―前二〇〇〇年紀前半
第3章 バビロニア対アッシリアの覇権争い―前二〇〇〇年紀後半
第4章 世界帝国の興亡―前一〇〇〇年‐前五三九年
終章 メソポタミアからイラクへ―前五三九年‐後六五一年

<こちらの本も見られています>