いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

李光洙 (イ・グァンス)――韓国近代文学の祖と「親日」の烙印

著者:波田野 節子 
レーベル: 中公新書
出版社:中央公論新社
新書:234ページ
発売日:2015-06-25
価格:886円
分類: 外国文学研究  アジア文学  中国文学 
キーワード:     韓国  近代  文学 
李光洙 (イ・グァンス)――韓国近代文学の祖と「親日」の烙印
       

<マイリスト>

<目次>

1 幼年時代―没落、野心の芽生え
2 日本への留学―1905?10年
3 教師挫折から大陸放浪へ―1910?15年
4 『無情』の時代―名声獲得と三・一独立運動
5 修養同友会と二つの新聞社―1920?30年代
6 対日協力の時代―日中・太平洋戦争下
終章 「解放」後―「親日」への非難、北朝鮮軍の連行

<新聞書評>