いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

言語学の教室 哲学者と学ぶ認知言語学

著者:野矢 茂樹  西村 義樹 
レーベル: 中公新書
出版社:中央公論新社
新書:233ページ
発売日:2013-06-24
分類: 言語学  心理学 
キーワード: 言語学  教室  哲学者  認知 
評価 3.6   読者数 3.0
言語学の教室 哲学者と学ぶ認知言語学
       

<マイリスト>

<目次>

第1回 「彼女に泣かれた」―認知言語学の誕生
第2回 「太郎が花子に話しかけてきた」―文法は意味と切り離せるか
第3回 典型的な鳥と変な鳥がいる―プロトタイプと百科事典的意味論
第4回 「死なれた」のか「死なせた」のか―使役構文の家族的類似性
第5回 「村上春樹を読んでいる」―メトニミーをどう捉えるか
第6回 「夜の底が白くなった」―メタファー、そして新しい言語観へ

<野矢 茂樹の本>