いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて

著者:深井 有 
レーベル: 中公新書
出版社:中央公論新社
新書:268ページ
発売日:2011-07-22
分類: 環境問題  建築・土木工学 
キーワード: 気候変動  エネルギー  問題 
評価 3.9   読者数 2.7
気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて
       

<マイリスト>

<目次>

序章 クライメートゲート事件―暴かれた二酸化炭素原因説の陰謀
  • クライメートゲート事件
  • IPCCとは何だったのか
第1章 気候変動はどうして起こるのか
  • 気候変動の歴史から学ぶ―氷河期はたびたび訪れた
  • 気候変動の要因は?―地球は宇宙につながっている
  • 気候変動の予測―地球温暖化は進むのか?
  • 気候研究を振り返る
  • 流れに立ち向かった人たち
第2章 「地球温暖化」から「エネルギー問題」へ
  • 日本のエネルギー事情
  • エネルギーをどこから得るか
  • エネルギーをどう使うか
第3章 未来のエネルギー源―核融合
  • 磁場核融合―トカマク方式の今
  • 慣性核融合―パワーレーザーが新しい時代を拓く
第4章 これからどうするか

<ブログ等>

<深井 有の本>