いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

新・現代歴史学の名著―普遍から多様へ

著者:樺山 紘一 
レーベル: 中公新書
出版社:中央公論新社
新書:272ページ
発売日:2010-03-01
キーワード: 現代  歴史学  名著 
評価 3.7   読者数 2.4
新・現代歴史学の名著―普遍から多様へ
       

<マイリスト>

<目次>

ニーダム『中国の科学と文明』
梅棹忠夫『文明の生態史観』
ゲイ『ワイマール文化』
ウォーラーステイン『近代世界システム』
ル・ロワ・ラデュリ『モンタイユー』
ギンズブルグ『チーズとうじ虫』
ル・ゴフ『もうひとつの中世のために』
サイード『オリエンタリズム』
網野善彦『無縁・公界・楽』『日本中世の非農業民と天皇』
アンダーソン『定本想像の共同体』
ブリッグズ『イングランド社会史』
ノラ編『記憶の場』
クールズ『ファロスの王国』
オブライエン『帝国主義と工業化』
コッカ『歴史と啓蒙』
メドヴェージェフ『1917年のロシア革命』
ダワー『敗北を抱きしめて』
速水融編著『近代移行期の人口と歴史』『近代移行期の家族と歴史』

<樺山 紘一の本>