いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

黄金郷(エルドラド)伝説―スペインとイギリスの探険帝国主義

著者:山田 篤美 
レーベル: 中公新書
出版社:中央公論新社
新書:282ページ
発売日:2008-09
分類: アメリカ史  ヨーロッパ史一般 
キーワード: 黄金    伝説  スペイン  イギリス  帝国主義 
評価 3.7   読者数 2.3
黄金郷(エルドラド)伝説―スペインとイギリスの探険帝国主義
       

<マイリスト>

<目次>

コロンブスの航海の本質
南米真珠狂騒曲
エルドラド伝説の誕生
オリノコ川のエルドラドの噂
サー・ウォルター・ローリーのギアナの発見
デフォーのオリノコ川植民計画
地図作成という侵略
「ギアナ高地」と探険帝国主義
ベネズエラ国境紛争とモンロー主義
ドイルの『失われた世界』の新解釈
パピヨンとエルドラド刑務所
黄金探しは今も続く

<山田 篤美の本>