いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

戦後史のなかの日本社会党―その理想主義とは何であったのか

著者:原 彬久 
レーベル: 中公新書
出版社:中央公論新社
新書:373ページ
発売日:2000-03-01
分類: 政治入門  政党 
キーワード: 戦後史  日本   
評価 3.8   読者数 2.5
戦後史のなかの日本社会党―その理想主義とは何であったのか
       

<マイリスト>

<目次>

戦後社会主義の出発
「日米安保」を求めて
講和・安保に臨んで
60年安保の疾走
後期冷戦のなかで
冷戦終焉と日本社会党の崩落
日本社会党の「理想主義」

<こちらの本も見られています>