いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

大学入試改革 - 海外と日本の現場から

著者:読売新聞教育部 
出版社:中央公論新社
単行本:285ページ
発売日:2016-07-06
分類: 教育学  高校教科書・参考書  大学受験入試問題集 
キーワード: 大学  海外  日本  現場 
評価 3.6   読者数 2.3
大学入試改革 - 海外と日本の現場から
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 世界が注目 米国の潮流
  • 共通テストの「元祖」SATも大改革
  • 米国のトップ大は何を求めるのか?
  • 高校教育に重点
  • 入学後の力を伸ばせ
第2章 多面的な入試 アジアでも
  • 着実に改革が進む台湾
  • 試行錯誤する韓国
第3章 二〇二〇年、日本の大学入試が変わる
  • 改革のスタート地点に
  • センター試験に代わる新テストとは
  • 二四年度に「本格実施」
  • 「各論反対」の壁
  • 歴史を振り返る
  • 巨大テスト・センター試験の現場
  • AO入試は「学力不問」!?
  • 「入試には使わない」高校基礎学力テスト
  • 格差を拡大させないために
第4章 改革は現場から
  • 進化するAO・推薦入試―東大、京大、阪大の挑戦
  • 多面的な入試を目指して

<新聞書評>