いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書)

著者:小早川 明子 
出版社:新潮社
単行本:213ページ
発売日:2014-04-17
分類: 心理学  心理学入門  臨床心理学・精神分析 
キーワード: ストーカー   
評価 3.7   読者数 2.8
「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 なぜストーキングするのか―現代社会の諸相
第2章 女性ストーカーは男性とどう違うのか―異なる傾向と対応
第3章 タイプと病態をどう選別するか―「依存症」と「病気」の狭間で
第4章 危険度をどう見分けるか―行動レベルと心理レベルの三段階
第5章 警察の対応はなぜ後手に回るのか―民事と刑事の境界で
第6章 カウンセリングはどう行われるか―「ヒューマニティ」の方法論
第7章 個人と社会はどう対応すべきか―ストーカー問題への実践と提言