いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)

著者:佐藤 健太郎 
出版社:新潮社
単行本:256ページ
発売日:2013-07-26
分類: 世界史 
キーワード: 文明論  元素  王者  歴史 
評価 4.1   読者数 3.0
紹介:成毛眞 
炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)
         

<マイリスト>

<目次>

元素の絶対王者
第1部 人類の生命を支えた物質たち
  • 文明社会を作った物質―デンプン
  • 人類が落ちた「甘い罠」―砂糖
  • 大航海時代を生んだ香り―芳香族化合物
  • 世界を二分した「うま味」論争―グルタミン酸
第2部 人類の心を動かした物質たち
  • 世界を制した合法ドラッグ―ニコチン
  • 歴史を興奮させた物質―カフェイン
  • 「天才物質」は存在するか―尿酸
  • 人類最大の友となった物質―エタノール
第3部 世界を動かしたエネルギー
  • 王朝を吹き飛ばした物質―ニトロ
  • 空気から生まれたパンと爆薬―アンモニア
  • 史上最強のエネルギー―石油
炭素が握る人類の未来

<新聞書評>

<ブログ等>

<佐藤 健太郎の本>