いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

金融の世界史: バブルと戦争と株式市場 (新潮選書)

著者:板谷 敏彦 
出版社:新潮社
単行本:287ページ
発売日:2013-05-24
分類: 一般・投資読み物 
キーワード: 金融  世界史  バブル  戦争  株式  市場 
評価 3.7   読者数 2.9
金融の世界史: バブルと戦争と株式市場 (新潮選書)
       

<マイリスト>

<目次>

金利も銀行もお金より先にあった
貨幣の幻想
アリストテレスの考え方
中世の宗教と金融
大航海時代
東インド会社と取引所
国債と保険の始まり
ミシシッピ会社と南海会社
アムステルダムからロンドンへ
イギリスからアメリカへ
戦争と恐慌と大戦前後の日本の金融市場
戦後からニクソン・ショックまで
日本のバブル形成まで
投資理論野展開

<新聞書評>

<ブログ等>

<板谷 敏彦の本>