いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ナチスの楽園: アメリカではなぜ元SS将校が大手を振って歩いているのか

著者:エリック リヒトブラウ 
出版社:新潮社
単行本:381ページ
発売日:2015-11-27
価格:2592円
分類: 社会学概論  アメリカ・中南米  地理・地域研究 
キーワード: ナチス  楽園  アメリカ  SS 
ナチスの楽園: アメリカではなぜ元SS将校が大手を振って歩いているのか
       

<マイリスト>

<目次>

旧知の間柄―一九七四年七月一二日 ヴァージニア州ラングレー
ヨーロッパ解放の真実―一九四五年春 ミュンヘン郊外、フェーレンヴァルト難民収容所
「善玉ナチス」―一九四五年三月 スイス、チューリヒ
「軽微な戦争犯罪」―一九五六年二月二二日 首都ワシントン
次は自分かもしれない―一九六〇年五月一一日 ブエノス・アイレス
鉤十字に向かって突撃せよ!―一九六三年五月一九日 イリノイ州シカゴ
科学的探求のために―一九七四年一一月二三日 テキサス州サン・アントニオ
暗闇に隠れているわけにいかなくなった―一九七八年九月二〇日 ニュージャージー州パターソン
「醜悪なシミ」―一九八〇年七月一〇日 首都ワシントン
父親のしでかした悪行―一九八一年二月二日 カリフォルニア州サクラメント
せっかくのパーティーが台無しに―一九二八年一〇月一三日 カリフォルニア州サンノゼ
潔白な男―一九八三年六月 ニューヨーク
反動の時―一九八七年四月一五日 首都ワシントン
イワン雷帝―一九九三年一一月一七日 オハイオ州シンシナチ 第六巡回控訴裁判所
ポナリーへの道―一九九三年九月 リトアニア、ヴィリニュス

<新聞書評>