いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本小説技術史

著者:渡部 直己 
出版社:新潮社
単行本:570ページ
発売日:2012-09
価格:3672円
分類: ノンフィクション 
キーワード: 日本  小説 
日本小説技術史
       

<マイリスト>

<目次>

序文 「日本小説技術史」にむけて
第1章 「偸聞」小説の群れ―馬琴「稗史七則」と逍遙・紅葉
第2章 二種の官吏小説―二葉亭四迷『浮雲』と森鴎外「ドイツ三部作」
第3章 「突然」な女たち―樋口一葉の裁縫用具
第4章 「自然」を見る・嗅ぐ・触る作家たち―独歩・藤村・花袋・泡鳴
第5章 反りの合わぬ夫婦たち―夏目漱石のフォルマリズム
第6章 志賀直哉の「コムポジション」と徳田秋声の「前衛小説」
第7章 妄想のメカニズム―芥川龍之介と競作者たち
第8章 「文」はどのように「人」めくのか?―鴎外の「史伝」と谷崎の「古典回帰」
第9章 男たちの「格闘」に「女の子」の仕草を添えて―横光利一・尾崎翠

<新聞書評>