いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

介護民俗学へようこそ 「すまいるほーむ」の物語

著者:六車 由実 
出版社:新潮社
単行本:320ページ
発売日:2015-08-27
分類: 介護  高齢化社会  社会学概論 
キーワード: 介護  民俗学    物語 
評価 4.0   読者数 2.4
介護民俗学へようこそ 「すまいるほーむ」の物語
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 聞き書きの沃野へ―すまいるほーむの風景
  • 清子さんのいなり寿司
  • 彼女たちの挺身隊
  • ゑみ子さんの恋バナ
  • 貞さんから受け継いだもの
第2章 死を想う
  • 灯篭流しがつなぐもの
  • 哀しみを共にしたい
第3章 すまいるほーむができるまで―村松社長への聞き書き
  • 老人病院の「罪悪感」から始まった
  • 自分も行きたいと思える場所をめざして
第4章 認知症の人と共に
  • 聞き書きクライシス
  • 共に食べる―食事介助の奥深さ
  • 「当事者の声」と向き合う
  • 認知症の人の「物語」を「遊ぶ」
終章 聞き書きで介護の世界が変わっていく
  • みんなで座談会
  • 表現としての聞き書き

<新聞書評>

<六車 由実の本>