いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

奪われる日本の森―外資が水資源を狙っている

著者:平野 秀樹  安田 喜憲 
レーベル: 新潮文庫
出版社:新潮社
文庫:266ページ
発売日:2012-07-28
分類: 建築・土木工学  水質汚濁 
キーワード: 日本    外資    資源 
評価 3.6   読者数 2.4
奪われる日本の森―外資が水資源を狙っている
       

<マイリスト>

<目次>

1 日本を買え
  • 外資に買収されていく日本
  • 狙われる日本の森
  • 日本の水が危ない
  • 森が買われることの何が問題なのか
  • 日本には国家資産を衛るためのルールがない
  • 日本の森と水を衛るのはだれだ
  • 外資が国土を占有する日
2 ニッポンの漂流を回避する
  • 縄文が一万年以上持続した理由
  • 稲作漁撈文明の持続性に学ぶ
  • 欧米文明による日本人の心の破壊
  • グローバル市場原理主義による破壊が始まった

<別版>